洗顔料の選び方には色々な方法がある[洗顔に大事なのは〇〇]

洗顔料を選ぶ時、あなたは「顔が洗えれば良し」と軽い感覚で選んでいませんか?その選び方は肌に良くない影響を与えてしまうかもしれません。あなたがもしこれから肌を綺麗にしていきたいのなら、洗顔料の選び方は必須です。なのでここでは洗顔料の選び方を解説していきたいと思います。

この記事では「洗顔料の選び方」「洗顔料と肌の相性チェック」の方法を教えていきます。

洗顔料の選び方には色々な方法がある

洗顔料を選ぶと言っても洗顔料の選び方は沢山あります。タイプを見て決めるのか?肌質から入るのか?または、成分を見て決めたいのか?どれを基準にするかで選び方も変わってきますので、その選び方をご紹介していきます。

洗顔タイプで選ぶ

  • クリームタイプ(フォーム)

    このタイプは、洗顔料の中でもスタンダードで、泡立ちもよく洗い心地も良いので愛用者がかなり多く、また美白成分など配合されている事が多いのでいろんな人が使えます。更に、チューブの容器などに入っていて衛生面もしっかりしているので扱いやすいのが特徴的です。ですが、このタイプには「界面活性剤」と言う成分も入っている事があり刺激を感じやすく嫌がる人もいます。

  • 固形タイプ

    洗浄成分を固めたものでアルカリ性が強く洗浄力が高いものが多いので、肌質の弱い人には不向きですが、中には肌に優しいものもあります。また、泡立てネットなどを使用しないとキメ細かい泡を作るのは難しいのですが、その分汚れはしっかり落とせるタイプなので人気も高いです。中でも混合肌や、脂性肌の人にはオススメのタイプです。

  • パウダータイプ

    パウダータイプは、石鹸を粉末状にしたもので通常タイプと酵素タイプの2種類あります。酵素洗顔とは、古く固まった皮脂やザラつきを溶かして落とすアイテムで毛穴汚れなどにオススメです。そして通常タイプですが、デメリットとして泡立てが難しいんですが泡立てネットなどを使えば問題ありません。そして防腐剤などが配合されていないのでお肌への刺激が少ないのも特徴で、肌質の弱い人にオススメのタイプです。

  • 泡タイプ

    このタイプの1番の魅力はやはり泡立てがいらない事。泡立てがいらないので忙しい朝などにたいへん便利なタイプです。そして洗い上がりはクリームタイプに似ているんですが、肌がゆらいでいる時は刺激を感じる人もいるかもしれません。なので敏感肌の人は注意が必要ですが手軽に洗顔できる事から人気はかなり高くなっています。

  • ジェルタイプ(リキッド)

    水分を多く含み、泡立ちは良いんですがホイップクリームのようなしっかりした泡を作るのはすんごく大変で、反対に泡立たないジェルタイプも中にはあります。更にポンプ式のものが多いためワンプッシュで適量を出すのも特徴的です。洗浄力が強めで洗い上がりもさっぱりとしているので、ベタつきの気になるオイリー肌に最適なタイプです。

  • 泡立たないタイプ

    泡立たないタイプは洗浄力が弱く汚れ落ちも悪いので、普通肌の人にはデメリットに思えますが、かなり敏感肌の人や肌荒れの人にはオススメしたいタイプです。しかし例外とまでは言いませんが、軟式石けんやクレイ(天然泥)のような泡立て不要な物もこの類に入ります。

肌質で選ぶ

  • 敏感肌

    敏感肌に人は弱酸性や低刺激のものを選んで使う事をオススメします。普通のものと比べて洗浄力は少し落ちますが、その分お肌への負担は減るので安心して使用できます。また防腐剤の入っているものは敏感肌には悪影響になる可能性もあるので避けるようにしましょう。なのでパウダータイプや泡立たないタイプのものを使う事をオススメします。

  • 乾燥肌

    乾燥肌の人は、保湿成分が入ったものが良いのと洗浄力の弱いものを選んで使う事をオススメしたいです。乾燥したお肌に洗浄力の強いものを使うと悪影響ですので固形タイプやジェルタイプはなるべく避けて保湿成分配合の物が多いクリームタイプなどを使う事をオススメします。

  • 脂性肌

    脂性肌とは一般的にオイリー肌と呼ばれています。そんなオイリー肌の人には洗浄力の強いものをオススメしたいです。なので固形タイプやジェルタイプが最適と言え、また普通の洗顔料と一緒に酵素洗顔などを使ってみるのも良いでしょう。洗浄力の弱いものを選ばないように注意しましょう。

  • 混合肌

    混合肌の人は、肌荒れや皮膚炎に悩んでいたり、TゾーンはオイリーだけどUゾーンは乾燥気味だったりと色んな悩みがあるはずです。ですが洗顔ではまずしっかり毛穴詰まりを落とす事をオススメします。なのでクリームタイプで保湿成分配合のものを使う又は固形タイプやジェルタイプできっちり洗浄してその後で、保湿ケアをちゃんとするなどといった工夫が必要になります。あなたのお肌に合わせて洗浄力は変えましょう。

成分で選ぶ

洗顔料の基本成分は「水性成分」「油性成分」で、この2つを軸に洗顔料によって含まれている成分は大きく違って来ますので覚えておきましょう。また、乾燥肌の人は保湿成分を重視した洗顔料がオススメで、肌質の弱い人や敏感肌の人には天然由来の成分などがオススメでしょう。ただ洗顔料を選ぶ時に注意して欲しいんですがアレルギー物質を含んでいるケースもあるのでそこのとこは十分に注意して選ぶようにしましょう。

後は、弱酸性とアルカリ性で選ぶという方法もあります。
アルカリ性は洗浄力が強いので汚れは落とせますがその分お肌への負担があるので、肌質の弱い人や敏感肌の人は弱酸性のタイプにするか、最近は弱アルカリ性というのもあるのでそちらの方にするというのも良いでしょう。弱酸性は、洗浄力が弱く汚れ落ちも良いものではありませんが、その分お肌に負担がないのでお肌に優しく肌質の弱い人でも安心して使用できます。このように自分の肌に合った洗浄力を選ぶのもオススメです。

洗顔の主目的を忘れないで!

洗顔料の選び方について、ここでひとつ誤解してほしくないんですが〇〇成分配合や肌の弱い人は弱酸性という決まりはありません。何が言いたいかというと、洗顔の本来の目的は皮脂汚れを落とす事で、お肌を保湿や美白する事ではないし、弱酸性を使っていても汚れ落ちがイマイチなら洗浄力の強い洗顔料を使う方が良いと言えます。洗顔後に弱酸性の化粧水などをつければ肌は弱酸性ですし、結局洗顔した後に化粧水・乳液・クリームなどするなら保湿や肌のケアはそっちをメインに考えるべきであって、洗顔はあくまで汚れを落とす事を目的としましょう。汚れを落とさないと水溶性が浸透しにくくなり返ってスキンケアの妨げになってしまうんです。なので〇〇成分配合や肌に気を使うことも大事ですが、洗顔料選びで一番優先するべき条件は最低限の汚れを落とせる洗浄力ですので、これを意識しましょう。

洗顔料との相性をチェックしよう

今使っている洗顔料もしくは最近買ってこれから使う洗顔料、あなたの肌に合っているか知りたくありませんか?肌に合っていない洗顔料を使っていても無意味ですし変な肌トラブルを起こすかもしれません。これを機に肌との相性を知っておきましょう。

洗顔料が肌に合っていないと?

前の項目とかでも少しお話ししたので大体わかっていると思いますが、ここでもう一度詳しく説明しておきます。

洗顔料が肌に合っていないって結論から言うとそもそも不健康です!肌トラブルを起こせば肌がどんどんダメージを受けて汚くなってしまったり、消えない跡が残ったりしてしまうしで、そもそも洗顔料との相性が合っていれば起きなくて良い問題です。そしてこれらの原因のひとつとして合成界面活性剤の影響があったりします。クリームタイプなどに入っている事が多いので肌が敏感な人は慎重に選ぶようにするか、もしくはクリームタイプを避けましょう。

これらを考えるとデメリットとばかりしかなく、肌に良い事は一つもありません。肌に合っていない洗顔料を使えばこれほどの悪影響が及ぶこともありますので、もし「合ってないかも?」と思い当たるなら肌がボロボロになる前に洗顔料の交換をおすすめします。

歯磨きチェックで相性チェック!

歯磨きチェックで相性の目安を知っておきましょう。この方法は簡単なので今日家に帰ってすぐ出来ますので良ければ試してみてください。それではやり方をご紹介していきます

 

  1. いつも通り洗顔を終えたら顔に何も付けず3分放置してください

  2. 3分放置している間は歯磨きなどをして待ちましょう

  3. 3分経って頬やその周りに耐えられないほどの乾きを感じませんでしたか?

  • 目元は乾いていたけど耐えられないほどではないし頬とかは平気だったという人は今の洗顔料は合っていると言えるでしょう。
  • 逆に、乾きすぎいて耐えられなかった、ヒリヒリもしたししんどかったという人は今使っている洗顔料を変えることをオススメします。

洗顔料と相性が合っていないと、起きなくていい肌トラブルの原因になったりスキンケア用品が浸透しにくくなる事があります。お肌を綺麗に保つには洗顔料との相性がとても大事ですので覚えておいてください。

おすすめの洗顔料とは?

次は何を選べば良いか?どう選べば良いのか?という疑問を持つ方に参考にして欲しいおすすめの洗顔料を紹介しておきたい思います。また洗顔料は化粧水などを浸透させやすくするメリットもあるので慎重に選ぶようにしましょう。

ピュアクレイ

洗顔タイプ:泡立て無しタイプ(クレイ)
実勢価格:4,000円
内容量:220g

おすすめポイント

  • 天然クレイで汚れを綺麗に落としてくれる!
  • 週1回の泥パックとしても利用可能!
  • 泡だてなくて良いから忙しい朝に便利!

ピュアクレイは簡単にまとめると高機能で便利です。洗顔と同時にパックができてクレイの力で汚れを落とすから界面活性剤が不使用。また朝って大体の人が時間に追われていて忙しいという理由から「朝は洗顔できない」という人までいますが、ピュアクレイは泡立て不要だから取って顔に塗るだけで洗顔ができます。そして何より洗顔に大事な洗浄力がしっかりしているからきちんと汚れを落としてくれます。色々な肌トラブルを解決できるので詳しく知りたい人はボタンを押して公式サイトで詳細をご覧ください。

公式サイトはコチラ ▶︎

まとめ

それでは最後にこの記事の需要ポイントをまとめて締めたいと思います!まず洗顔の選び方はいろんな角度から選ぶことができますが、洗浄力を意識してしっかり汚れを落とせる洗顔料かどうか確認すること。保湿や美肌ケアは化粧水や美容液で後からでもできます。洗顔に大事なのは、肌汚れを落として化粧品の浸透度をUPさせることです。そして洗顔料が自分に合っているか分からない時は歯磨きチェックをして確かめることです。肌を清潔に保ちたいならしっかり洗顔をしましょう。ではこの辺で失礼します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です