洗顔のすすぐ時の水温は何度が良い?[すすぐ温度で肌も変わる]

洗顔で顔を洗うときは水が良いのか?お湯が良いのか?なんて悩んだこと無いですか?また洗顔のすすぎに関する正しい行動なんかもあるなら知っておきたくないですか?この記事ではそんな疑問を解決します。

この記事を読んでわかることは、「洗顔に1番良い温度」「すすぎに関する正しい行動」です。ちなみに洗顔に本気で取り組んで美肌を作っていきたいならこの記事のポイントを押さえることをおすすめします。

洗顔のすすぐ時の水温は何度が良いの?

洗顔に良い温度って水なのか?お湯なのか?どちらだと思いますか?そもそも洗顔に水の温度がどう関係するのでしょうか?この項目では温度についての疑問を詳しく解説していきたいと思います。

ぬるま湯が一番肌に良い

洗顔をする時に1番適している温度は実はぬるま湯何ですが、温度でいうと何度が良いか分かりますか?31〜34度が一番お肌に丁度いい温度です

なぜ肌に1番合っているかと言うと、理由は2つあって1つは体温に一番近い温度とされているのが水でもなくお湯でもなくぬるま湯なんです。人間の平均体温は36度前後なんですが洗顔温度31〜34度だと体温より少し低く触れれば少し冷たく感じる温度になり肌に馴染みやすいのが良いとされています。そして2つ目の理由は極端な温度だと肌が刺激を受けてしまうからなんですが、ここに関しては以下の2項目を使って語ります。詳しく知りたい方はこのまま読み進めてください。

以上の理由があり、温度はぬるま湯が1番肌に合っているということです。温度をいちいち確認するのはめんどくさいと言う人は、直接水に触ってみて「暖かいけど自分の体温よりは冷たい」と自分の体温を使って調節してください。

時には冷水で洗うことも大事

時には冷水を使って洗うことも実は大事で、ぬるま湯と冷水を使い分けるタイミングなども今から解説していきます。

まず理由としては、ぬるま湯で肌に馴染ませ、また刺激を与えず汚れや皮膚脂を落とすことが目的であると先ほど伝えました。ですがそれは汚れを落とすだけの目的で、なら冷水は何に使うのかと言うと、肌をシャキッとさせたい時に毛穴を引き締める目的で冷水はおすすめできます。毛穴を引き締めることで、外からのホコリやゴミの侵入を防いだり、毛穴を塞いで水分を逃がさないようにすることができます。洗顔後って肌が乾いたりして肌の保湿が一時的に低下する瞬間があるんですが、そこで保湿力をなるべく下げないように毛穴を塞いで少しでも乾燥肌にならないようにする対策ができます。ちなみに保湿力の低下は乾燥肌の原因のひとつです。

そして冷水を使うタイミングですが、朝の洗顔の時に冷水を使うようにしましょう。ただ最初はぬるま湯で洗い、最後に冷水を数回顔に浴びせるようにしましょう。これで顔がすっきりして毛穴も引き締まったので外出しても外のホコリやゴミの侵入は防げるでしょう。ただ、冷水はあくまで毛穴を引き締め肌をスッキリさせるためなので冷水での洗い過ぎには気をつけましょう。

お湯で洗うのはオススメしない

結論を先に言うとお湯はおすすめできません。なんでかと言うと、お湯は汚れや皮膚脂を落とすのに最適ですが、落とし過ぎてしまい皮膚脂を落とし過ぎると肌の保湿が保てなくなり乾燥肌になりやすくなってしまうことがあるからです。さらに乾き過ぎてヒリヒリして痛みも少し出てくるので、お湯はやめた方が良いでしょう。

そしてこれが、ぬるま湯が一番肌に合っている理由です。水は刺激を受けはしないが汚れ落ちはとても悪いから意味がないし、お湯だと刺激が強く乾燥肌に直行なので、刺激は無くして汚れもキッチリ落とせるぬるま湯がおすすめです。

ただ、オイリー肌の人は少し温度を上げて洗っても良いでしょう。オイリー肌の人は皮膚脂が普通肌に比べ多いので少し温度が高い方が良いですが、肌が乾いてしまう恐れがあるのでやり過ぎはおすすめしません。ぬるま湯と使い分けるのが良いでしょう。

すすぎでやって良い事と悪い事は?

あなたはすすぎはどのように行なっていますか?すすぎはあまり意識していない人が多いのではないでしょうか?ですが洗顔にとってすすぎも十分大事な手順です。なのでこの項目ではすすぎに関する正しい行動を解説していきます。

すすぎで勘違いしていること

そもそも顔をすすぐ時、手のひらに水を貯めて洗う派ですか?それとも流水派ですか?どちらも悪くはないんですが、溜める派の人に気をつけて欲しいことを最初に少し書きたいと思います。

手のひらで水を貯めて顔の前までその水を運んで来ると思いますが、顔に水を浴びせると同時に手もつけてませんか?それNGです!なぜかと言うと洗顔自体あまり顔に手をつけるのはよくないんですよ。理由は簡単で顔の肌というのはとても刺激を受けやすい為、手でこすったりする行為も刺激を与える行為になるからです。なので顔に水を浴びせる時は水を顔の前まで運び顔スレスレで水だけ顔に勢いよくパシャと浴びせるようにしましょう。ちなみに顔に水を貯めてそのまま顔に運んで手でゴシゴシと顔を洗うのもNGです。

さらにすすぎの時顔の泡だけを落とそうとしていませんか?それも勘違いです。水で落とすだけでなく、水を与えるということも意識しましょう。どいうことかと言うとすすぎは回数を決めてすすぐのがおすすめです。詳しく知りたい方は「正しい洗顔の方法」に書いているすすぎ方をご覧ください。

シャワーで洗い流しは本当にダメ?

シャワーで顔を洗うと肌に刺激を与えるので良くないと色んなところで言われていますが、洗面台で毎回前かがみになって蛇口を使うのは面倒くさくないですか?そこでこんな方法もあるよって事で紹介しますが、シャワーの強度を変えればシャワーは最大の洗い流しができるアイテムになります。

家のシャワーの強度は変えれることがほとんどだと思うので、実際に試すとすごく楽に洗い流せて便利だと思います。ただこの方法はあくまで「楽ですよ〜」というだけなので蛇口が良い方は蛇口でもなんの問題もありません!

まとめ

どうでしたか?洗顔って本当に温度やすすぎまで細かくやらないといけないので大変ですけど、コツを覚えてスピーディーに行えば肌は綺麗を維持できます。さて今回のまとめは、温度は基本ぬるま湯という事とすすぎは丁寧に行うことです。そしてシャワーも使い方によっては楽に洗い流しの出来る便利アイテムになるということ!洗顔の温度とすすぎ方を細かくやるだけで肌への実感も少しは変わってくると思います!