洗顔で泡立てはどんな効果があるの?[簡単泡立て方法も紹介]

洗顔の時に洗顔料を泡立てると良いよ!という言葉を聞いたことありませんか?確かに洗顔において泡立ては大事なんですが、なんで大事か分かりますか?と、こんな疑問に答えるためにここでは、洗顔の泡立てに関する情報や簡単に泡立つ方法をご紹介していきます。

この記事で分かる事は「泡立ての重要さ」「泡立てに関する間違った効果」「簡単に泡立てる方法」です。

洗顔で泡立てはどんな効果があるの?

洗顔料を泡立てる事でどんな効果があるのか分かりますか?泡立てると良い事もあれば泡立てても意味のない事もあるんです。この項目では泡立ての効果について解説していきます。

泡立てることで泡の面積を増やす

洗顔料は泡立てることで泡の面積を増やす、当然のことを言っていますが面積が増えることで泡が効果を発揮します。

泡面積を大きくして泡で肌を擦れば汚れを馴染ませることができるんですが、泡立てができていないと汚れの洗い残しなどができてしまってそこに菌などが繁殖してしまうと最悪の場合、肌トラブルの元にもなってしまうんです。

また、摩擦を防ぐという効果もあるんですが、泡立てないで洗顔すると指などの摩擦で肌が刺激を受け傷ついてしまうんです。流石に爪で肌を擦る人はいないと思いますが、肌は指の腹でこするだけでも簡単に傷を受けます。また肌が傷を受けて必要な皮脂(肌表面)が無くなってしまった場合などにより、乾燥肌の原因になってしまう可能性もあるんです。原因としては、皮脂をなくしてしまうと肌のバリア機能が低下して保湿力が保てなくなってしまう、これが乾燥肌になる原因です。

泡は面積を大きくして汚れをしっかりと洗い流してなるべく摩擦は起こさないように気をつけましょう。

泡立てることが本当の使い方

そもそも洗顔料とは本来は泡立てて使うものです。泡立てないで使うということは洗顔料を本来の目的で使えていないということなので安全面や衛生面も未知のものになってしまうので、洗顔料は泡立てて使うことをオススメします。

泡立てには嘘の効果もある!?

あなたは知っていますか?泡立て効果には間違った効果もあるんです。どんな効果なんでしょうか?早速解説していきたいと思います。

泡はあくまで洗顔料

洗顔を長いことかけて丁寧にする人がいるんですがあれはおすすめしません。

そもそもなんですが、洗顔ってあくまで洗顔だから丁寧にやって長い時間泡を顔に乗せて美肌成分を肌に染み込ませようとしたり、たくさん洗顔して美肌効果を得ようとしたりすることは間違った効果になってしまうんです。洗顔泡を長時間、顔に乗せているとお肌に必要な成分まで落としてしまいます。また、たくさん洗顔して肌を綺麗にしようと必要以上に顔を洗っていても、これもお肌に必要な成分まで落としてしまいます。そうなると敏感肌や乾燥肌になってしまう事もあるので気をつける様にしましょう。

じゃあどうすれば良いのかというと、洗顔料はあくまで洗顔料で、本来の洗顔の目的は汚れを落とすことやその汚れを落として美容液の浸透度UPさせることにあります。なので美肌成分を実感したいなら美容液で実感しましょう。美肌効果のある洗顔料で効果を実感しようとするのではなく、美肌効果を持った洗顔料であるくらいに認識しておきましょう。

泡立てても汚れ落ちは変わらない

これは驚いたのではないでしょうか?(笑)そうなんですよ泡を泡立てたところで洗顔料本来の洗浄力などは変わらないので泡立て効果も何もないんですよ。まあ言われてみればそうですよね。ただ、泡立てで変わるのは汚れのなじみ方で泡の面積が違ってくれば汚れの落とせる範囲も当然変わってきますよね?だから汚れ落ちは洗浄力の問題なので変わらなくても汚れを落とせる面積は変わります。

さらにもうひとつですが、泡立てても毛穴奥の細かい汚れは落ちません(笑)
こちらもよく考えてみてください?泡を立てるとは空気を含ませるから膨らむのであって毛穴よりも大きい泡では毛穴奥の汚れは落ちません。泡立てなくても、きめ細かい泡でも一緒で、毛穴とは相当小さいです。なので毛穴奥の汚れを落としたいのであれば別の方法を試した方が良いでしょう。

洗顔料を泡立てる方法をご紹介

洗顔料を簡単に泡立てる方法を紹介するんですが洗顔ネットなどは一切使わずの方法をご紹介します。

簡単に泡立てるやり方

クリームタイプの洗顔料を例にやり方を細かく説明していきます。洗顔タイプが違っても大きい違いはないので安心してください。

[やり方]
  1. 片方の手のひらを少し凹ます感じにして手に溝を作ってみましょう

  2. そして溝を作った手のひらに洗顔料をちょろっと出して乗せましょう
    (クリームタイプは2〜3cm程出してください)

  3. 洗顔料の乗せた溝(手)にティースプーン1杯分の水を入れてもう片方の手で洗顔料と水を指先でこねる様にして混ぜてください(水を入れてこねるを2回ほど繰り返し)

  4. 徐々に泡になりつつあるう洗顔料に次はティースプーン2杯分の水を入れて空気を含ませるイメージでこねましょう

そしたら完成していると思いますがどうでしょう?うまくいきましたか?コツはひたすらこねて水を入れるタイミングは均等にしましょう。早過ぎず遅過ぎずという感じです!

泡立てやすい洗顔料を使うこと

2つ目の方法として泡立てやすい洗顔料を使うことが、一番の近道ではないかとおもいます。泡タイプの洗顔料もありますが、ここではあくまでも洗顔料を泡立てる方法なので泡立てやすい洗顔料をご紹介します!ちなみに、泡タイプも良いですがクリームタイプと洗い上がりはあまり変わらないのでどちらでも良いと言えばどちらでも良いでしょう。

[TP200ホワイトソープ]

価格:2,800円
洗顔タイプ:クリームタイプ(クレイ)
内容量:150g

[おすすめポイント]
  • 泡立てやすさがとても便利!
  • クレイ(泥)で洗浄力抜群!
  • 洗い上がりはスベスベ肌!
  • 馬プラセンタ配合で美容効果あり!
[概要]

このTPホワイトソープは泡洗顔と言われているほど泡立ちがとても良い洗顔料なんです。結論から言うと天然クレイやプラセンタエキスの入った洗顔料にしてはとても低価格で、それほどお客さんの目線に合わせているという事でしょう。さらに、モロッコ産の天然クレイを使用しているので洗浄力が良い+泥パック同然の美容効果も実感できて、洗い上がりがスベスベしているのも特徴的です。

公式サイトはコチラ ▶︎

まとめ

どうでしたでしょうか?洗顔料はなぜ泡立てるのかわかりましたか?洗顔料はそう設計されているからで泡立てることで効果を出してくれるからです。また泡立てたからと言って洗浄力が変わるはずも無いので汚れ落ちは変わらないけど、汚れを落とす面積は変わります。そして、泡立て方法も簡単なので泡立てに悩んでいる人は試してみてください!それでは失礼します。