ニキビケアの方法は色や種類で変わる[ニキビの処置法教えます]

ニキビってちょっと手が当たっただけで潰してしまうし、何より炎症起こしてると痛くないですか?なのでこの記事ではニキビケアをする前に知っておいた方が良いことや、実際にケアはどうしていけば良いのかなどについて詳しく解説して行こうと思います。

この記事を読んで分かることは、「ニキビの種類」「ニキビの潰し方」「ニキビケアの方法」です。

ニキビの色で種類・状態が分かる

あなたは知っていましたか?ニキビにはそもそも種類があって種類別でニキビの状態は変わってきます。ここでは、そのニキビの種類と状態を詳しく教えて行きます。

白ニキビと黒ニキビについて

白ニキビは、ニキビの初期段階で炎症も起こっていない状態のニキビです。特徴としては、皮脂が溜まって毛穴が詰まった状態で肌がポツッと盛り上がっているのが特徴で、ニキビの中ではあまり目立たない方です。

そして黒ニキビですが、白ニキビの次の段階と言えるでしょう。毛穴が開いて詰まっていた皮脂などが酸化してしまい、黒くなって見える状態です。特徴としては、シミやほくろに似ていて、少し不潔に見える事なんかもあります。

赤ニキビと黄ニキビについて

いちばんメジャーなニキビであり悩んでいる人が最も多いニキビでしょう。これは炎症を起こしている状態で、その原因はいっぱい溜まった皮脂を栄養にしてアクネ菌が増殖しているからです。しっかりニキビケアをしないと消えない跡になってしまうかもしれないので、気をつけましょう。

また、黄ニキビは赤ニキビよりも酷い状態で炎症が激しくなり黄色い膿が出てきてしまう状態の事を指します。下手に触ると跡になってしまうので、対処法を知らない方は皮膚科に行くなどして専門家に聞いてみた方がいいかもしれません。ですが、ニキビ肌でも無い限りちゃんとしたケアをしていればあまりできる事はありません。

絵で見てみると矢印が向かっている方に悪化しているのがわかります。

ニキビは潰しても良いタイミングがある?

実はニキビには潰しても良いタイミングがあるんです。ここではそのタイミングと潰した後の処置を教えて行くんですが、タイミングや処置法を間違えれば一生消えない跡が残ってしまうなんて事もありますので、良く読んでみましょう。

どうやって潰すの?

この方法は赤ニキビを無くしたい時に使う方法です。まず炎症を起こしているのが前提ですが、黄ニキビの場合は膿が出てきているので潰す事は難しいでしょう。ですから赤ニキビをメインに使える方法と覚えておいて下さい。まず、潰したいニキビ周辺の肌を触ってみて炎症や痛みがあるならひとまず放置して、この時点で潰してはいけません、我慢しましょう。そこから3~4日ほど空けたら鏡をでニキビを見てみて、どうでしょう?ニキビの中心に白いものがポツンとできていませんか?出来ていればそれが、潰しても大丈夫なOKサインです。ちなみに、その白いのは膿で、膿とは白血球が細菌と闘って残った残骸ですから、すでに痛みも引いて炎症も収まっているはずです。膿ができていたらニキビを潰すOKサインです。注意点としては、このタイミングを間違えると消えない跡になってしまう事もあるのでそこだけは気をつけましょう。

潰した後の処置は?

ニキビを無くしたからといって放置したり、逆にニキビ跡を残さないようにと、気にし過ぎてスキンケアをし過ぎるという行為は避けましょう。放置すれば、そこからまたばい菌が入りますし、スキンケアをして刺激を与えすぎると本当に跡が残ってしまいます。ニキビを潰した後もなるべく刺激は与えないようにしましょう。特に、虫刺されなどの跡が残りやすい人というのは色素沈着しやすい人なので、気をつけましょう。ではニキビを潰した後の処置ですが、簡単です。刺激を与えず優しいケアをして欲しいんですが、やり過ぎはNGです。ちなみに、潰した跡に残っている赤みは治癒の過程なので3ヶ月もすれば勝手に消えるのであまり気にしなくても大丈夫です。そしてもう一度言いますが、刺激を与えず適度な優しいケアをして行きましょう。

正しいニキビケアってどうやるの?

ここでは正しいニキビケアを教えて行きます。最初の項目で伝えましたが、ニキビケアのカギはニキビの状態を知る事です。そしてもちろん使う洗顔料なども重要になってくるので、この項目ではニキビケアにオススメしたい洗顔料などもご紹介して行きます。

ニキビの状態でケアが変わる

白ニキビや黒ニキビは、ニキビの初期段階なので、変わったケアはあまり必要ありません。ケア方法については酵素洗顔を取り入れてお肌をケアして行くのが良いでしょう。酵素洗顔についての注意点は、酵素は水に濡れると効果がなくなってしまいます。長時間の泡立てはNGになりますので、素早く泡立てて洗顔するようにしましょう。また酵素は洗浄力が強いので週2回くらいまでにしておき、洗顔後はしっかりと保湿ケアも行うようにしましょう。

赤ニキビの仕組みは、さっきも伝えた通りアクネ菌の繁殖で炎症が起こっていて白や黒と違ってニキビ跡になりやすいので、注意しましょう。なのでケア方法としては、まずニキビには直接触れない事です。洗顔時も手で直接触れるのではなく、泡を優しく肌の上で転がすようにしてニキビの部分も洗顔して行きましょう。そしてできれば、抗炎症成分や殺菌効果成分の配合された化粧品などがオススメです。

 

ニキビケアおすすめ用品

先程、ニキビケアについて説明して「こんな化粧品使った方が良いよ〜」とチラッと説明したんですが、よく分からない!という人のためにここでは、ニキビケアにオススメの化粧品をご紹介して行きたいと思います。

プラクネ

ニキビを繰り返さない満足度1位のフェイスケア

 

価格  1,800円

内容量  60g

 

ご購入はコチラ

 

デューテ

保水力に優れたニキビ跡専用化粧水!

 

価格  980円

内容量  100ml

 

ご購入はコチラ

まとめ

今回、ニキビには種類や状態があり、状態別に適したニキビケアがあることを教えました。あなたもニキビに悩んでいるならケアはすぐにで始めてみましょう。そしてニキビの種類や状態ですが、実際白や黒はまだ大丈夫な方なんです。ただ、赤ニキビは少し厄介ですので、慎重に対処した方がいいと思います!またニキビケアにオススメの化粧品なんかもご紹介しましたので、興味があれば是非買ってみて下さい。それではこの辺で失礼します。