美白ケアの方法とは?[本気で肌を白くする方法]

「綺麗で透き通った白い肌になりたい!」「肌を白くしたいけど黒くなるのはどうして?」この記事ではこんな悩みを解決していきます。美白ケアを本気で取り組みたい人はこのまま読んでみてください。

この記事で分かることは「肌を白くする方法」と「肌が黒くなる原因」です。

美白ケアの方法とは?

美白ケアは色々ありますが、中でも効果を実感できるものを解説していきます。そして大前提として、美白ケアはちょこっとやって終わりではありません。継続してこそ肌が白くなっていくのですぐに効果を実感できても続けなければ意味はありません。

ピーリングで美白を作る

ピーリングで角質除去をして代謝を上げて自身の本来持っている肌の白さに戻すサポートをしてくれます。しかも、ターンオーバーのリズムを整えることも出来るし、肌トラブルなんかも一緒に解消してくれるのでオススメです。ただ肌への負担も大きいのでピーリングは週に2回までにしておきましょう。

まずはピーリングを試して自分本来の肌の白さに戻すのが大事です。

ヨーグルトパックが効果的

 

ヨーグルトパックの紹介をする前にヨーグルトについて少し解説しようと思います。ヨーグルトは美白に関係性が高いと言われていてヨーグルトに入っているフルーツ酸やホエイ成分などが良いとされています。フルーツ酸は古くなった角質を剥がす作用があるのでくすみなどの肌トラブルをなくして肌を明るく見せる効果があり、他にもターンオーバーの促進に良いとされていて、またホエイ(乳清)には肌の潤いを浸透してくれる役割があります。では作り方をご紹介します。

  • ヨーグルトパックの作り方

ヨーグルトパックの作り方は非常に簡単なので書いておきます。

  1. スーパーで買ったヨーグルトを用意しましょう
    因みにオススメは「ブルガリアヨーグルト」ですがなければ基本なんでも大丈夫です。

  2. ヨーグルトと小麦粉を1:1の比率で混ぜたら完成です
    量は大さじ2杯くらいがパックのちょうど良い大きさです、細かい調整は自分でしてみてください。

  3. コツとしては乳清も混ぜるのが効果的です。
    乳清とは乳から乳脂肪やガゼインなどを除いた水溶液で別名をホエイと呼ばれることもあり、化粧品などによく入っています。
    (簡単に言うとヨーグルトの上に乗ってる液体です)

スーパーで買ったヨーグルトで出来るし、作るのも小麦粉を混ぜるだけですごく簡単です。今日からでも始められますので是非試してみてください。

ピーリングをしてある程度自分の肌を白くしたら次にヨーグルトを使ってパックや食生活に加えるなどをしてケアをしていきましょう。ヨーグルトには美白成分や美肌成分に必要なものがたくさん入っています。

美白成分の化粧品を使う

肌を白く見せたいのなら基本的なスキンケアに美白成分の入った化粧品を取り入れてみるのもありです。シミを防いだり、くすみを防ぐためにはクリームや化粧水なんかもおすすめしたいです。肌が暗くなるのを予防して自分の理想の明るい肌に近ずけてください。美白にするなら基本的な事なのでしっかりやっておきましょう。美白に効く化粧品ならこちらがおすすめなのでご紹介しておきます。

simiTRY (シミトリー)
価格  3,685円
内容量  60g

芸能人も愛用していてSNSでも話題のシミトリーですが、こちらはシミに効くオールインワンジェルで美容成分99.59%でかなりハイスペックです(笑)シミにはいろんな人が悩まされていますからあなたも使ってみてはどうでしょう?ベタつき無しでスッと肌に馴染みます。こういうオールインワンタイプは忙しい人には時短ケアにもなるのでかなり便利です。

公式サイトはコチラ ▶︎

 

肌が黒くなる原因一覧

肌が黒くなると言って、まず出るのが日焼けですよね?そしてその日焼けの原因は紫外線です。紫外線が原因も勿論あるんですが、肌が黒くなる原因は他にもあります。なので肌が黒くな原因を知っておいて、あらかじめ予防しておいた方が美白肌への近道になるでしょう。

紫外線で日焼け

これはあなたもご存知の原因で一番知られている原因じゃないでしょうか?紫外線は夏がピークになりますので夏になると日焼けする為に砂浜で一日中寝てる人が現れたりしますが、反対に黒くしたく無いのに焼けてしまったりする人もいますよね。また実は夏以外の季節でも日焼けは起こり、冬でも紫外線が強い日は焼けるって知ってましたか?夏に気を取られてその他の季節は紫外線対策が甘くなっているという事も考えられます。確かに紫外線が強く無い時期なので毎日強いという事は無いですが、毎朝ニュース、アプリなどでその日の紫外線の強さを知る事が大事です。じゃあ何で黒くなるのか?日焼けの仕組みとは、紫外線を浴びるとメラノサイト(メラニンを作る細胞)が活性化してメラニンを作り出すんです。それは何でかっていうと紫外線は有害だからメラノサイトは紫外線から肌を守る為にメラニンを生成するんです。ただ、メラニンは色素が濃いのでメラニンが沢山作られると肌が黒くなっていくんです。これが日焼けの仕組みなんですが、少し経つと肌の色って戻りますよね?それはターンオーバー(肌の細胞循環)によってメラニン色素が肌の表面へ表面へと押し上げられ古い角質(要らなくなった表皮)になって剥がれていくからなんです。また、紫外線を浴び続けるとシミなどの原因になるので紫外線対策は万全にしておきましょう。

 

  • UV–Aは要注意

紫外線にはいくつか種類がありますが、その中でUV–Aには気をつけた方がいいでしょう。というのも夏の紫外線対策はあなたもしていると思いますが、さっきも言った通り他の季節でも紫外線が強い日はありもちろん夏でもそうなんですが、曇りの日や今日は外出先も室内だから平気だろうって思う日があるかもしれません。ですがUV–Aは雲や窓ガラスなどを通過してきます。病気の原因など強い影響は無いんですが簡単にシミ、日焼けの原因は作れるので注意しましょう。

 

メラニンの多量は遺伝

次の原因は「メラニンの色素量が多い」という事ですが、さっきも言ったようにメラニンとは肌を守ってくれますが出れば出るほど肌は黒くなっていきます。そしてメラニンが多い人とは良く言う「地黒」の人で、メラニン色素の多い人は肌が暗く見えて逆に色素の少ない人は元から肌が白いです。この個人差の原因ですが、遺伝で引き継ぐのでメラニンの量が多い人っていうのは生まれつきです。なので対策としては、なるべくメラニンを生成しないように気を使ってその為に紫外線を防ぐなどをした方が良いでしょう。

肌トラブルの原因

肌が黒く見える原因は肌トラブルが原因の場合も考えられ、実は、くすみなどが原因で肌が乾燥して潤い不足だったり、血行が悪くて肌の透明感がなくなってしまうことがありそうなるとくすみが発生して肌が暗く見えてしまうという状態になります。また血行が悪くなる原因として考えられるものはストレスの蓄積、睡眠不足などです。乾燥肌や血行が悪くなるとくすみを引き起こしてしまうので気をつけるようにしましょう。

【ホワイトセラム】

 

まとめ

今回は本気で美白ケアに取り組むためにはどうしたら良いのかを伝えましたが、紫外線などはUVケアなどをして肌トラブルは日々の洗顔などで気をつけていきましょう。また、気になった美白成分の化粧品などは詳細リンクで詳しく見てください。そしてヨーグルトパックなども効果的なので試してみて下さい。では失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です